鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「扉は閉ざされたまま」

単行本は2005年5月20日刊。文庫本は2008年2月8日刊。本作は2006年に第6回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補となっている。

蔵書の再読。最終的には、なんとなく読んだことを思い出したが、ストーリー展開はまるで覚えていない。だから、楽しく読めた。というより、読み始めたら止まらず、一気呵成に読んだ。

しおり代わりに挟み込まれた紙に、登場人物が列記されている。十数年前に読んだ際、途中で混乱して来たため作ったのだろう。ここにいきなり「伏見亮輔 殺人犯」と書かれていて、おのれはアホか! とあきれたのだが、読み始めてみると、序章は伏見が新山を殺すシーンだった。要は、倒叙モノなのだ。

本作ではさらに捻りがあって、通常の殺人犯は、皆(警察や事件の関係者)が殺人ではなく事故だと思ってくれますように、とか、犯人が他にいると思ってくれますように、とかを願い、そうなるよう行動するものなのだが、本作の犯人は、殺人現場に人をいれないようにひたすら頑張るのだ。時間を置くことによって、殺人の痕跡が消えるから? 死亡推定時刻をずらし、アリバイ工作をするため? これが謎である。

そして、その場に頭脳明晰な人がいて、なんか変だな? と思ったことをどんどん解き明かしていく。犯人は予想外のスピードで事態が解明されていくので焦り、ごまかそうとするが……という、犯人と探偵役とのバトルが本作の見どころである。

それとは別に、本作は恋愛ドラマでもある。その二人は、相思相愛である。というか、男は女を深く愛しているが、付き合ってもうまくいかないと思い込んでいて、女から離れる。が、世の中のどの女性を見ても、彼女に比べて場劣っているように見え、誰とも付き合う気が起きない。女は一途に男のことを愛し続けている。女は、十代の頃は可愛く、仲間内のアイドルだったが、年を経て知性にも美貌にも磨きがかかり、大人の色気も身につけている、とても素敵な女性だという。この恋の行方も気になるといえば気になるのだが、恋愛譚に関しては、全く色気の「い」の字も感じられないのがオカシイ。石持作品の登場人物はすべてを論理で進めようとするが、恋も愛も論理で割り切れるものではないのだ。



漫画・コミックランキング