鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「幽霊狩り」

  • 曽祢まさこ「幽霊狩り」(三部作 完全版)

「ダニエル」「魔犬シリウス」「マリアンヌ」所収。

  • 曽祢まさこ「幽霊狩り2 天使が夢を見る夜に…」

「天使が夢を見る夜に…」「モロー氏の帰宅」所収。

「幽霊がり〔ダニエル〕」は「増刊なかよし」(1974年8月号)に掲載された。当初は読み切りの予定だったが、好評だったため、冬から翌年にかけて「魔犬シリウス」「マリアンヌ」を発表。

単行本は1975年11月5日、講談社より「幽霊がり」として刊行。ただし収録は「ダニエル」「マリアンヌ」「ブローニイ家の悲劇 」の三編で「魔犬シリウス」は未収録だった。1991年より宙出版より「魔犬シリウス」が収録された「幽霊狩り」が刊行された。

続編に当たる「天使が夢を見る夜に…」は「アップルミステリー」(宙出版、1991年10月号~12月号)、「モロー氏の帰宅」は「アップルミステリー」(1992年8月号)に掲載されたが、これらは長く単行本化されず、1998年10月にそね印同人誌としてようやく陽の目を見ることとなった。

現在はkindle版が冒頭の二冊としてゴマブックスから刊行されている(2018年10月19日刊)。

作者はもともと「幽霊狩り」としたかったが、「なかよし」掲載時に、編集者から(読者層を考慮してか)「狩り」の字はひらがなにしたいと言われ、「幽霊がり」としたもの。現在は「幽霊狩り」で統一されている。

曽祢まさこ最初期の作品と思われるが(それゆえに)、さまざまな変遷があり、入手が難しかった。自分はかつて宙出版の単行本を持っていたが、2の存在は最近まで知らなかった。現在はとにかく完全な形で入手できる。よい時代になった。

物語は、ダニエルという盲目の少年が主人公である。目が見えない代わりに未来を少しだけ予知することができた。最初はそれを公言していたが、誰それが死ぬと言うと本当に死ぬため、恐れ、忌み嫌われるようになっていく。兄だけは味方になってくれるが、ダニエルは孤独な人生を歩んでいく……

正編は、絵柄は思い切り少女漫画だが、北イングランドを舞台にしたこと、何かの伝承文学のような筋運び、超能力者の存在、不幸になる主人公と、のちの曽祢まさこを彷彿させる要素は満載である。ただし、コメディパートはない。現在の基準からすると、キャラクターがやたらに大仰に泣いたり叫んだりするのがやや障るが、時代や掲載誌の傾向を考えれば、致し方ないところだ。

2の方は正編から16年経って、絵柄も大きく変化し、現在のタッチに近い。ストーリーもより洗練され、キャラも落ち着きを増し、安心して読める。一応、ダニエルが前向きに生きていこうとしているところで終わるため、きちんと完結している。続編を望むファンもいるようだが、この話はこれで終わりでいいと思う。



漫画・コミックランキング

「デキる猫は今日も憂鬱」6

  • 山田ヒツジ「デキる猫は今日も憂鬱」6(シリウスコミックス)

2022年6月9日刊。これが最新刊となる。

今回は仁科さんが中心である。仁科さんは諭吉がよく行くスーパーでアルバイトをしている女の子で、1巻から登場している。彼女はバンドをやっていた。一人暮らしで汚部屋と化しつつある。ある日、真っ青な顔をした仁科とバッタリ会った幸来は、彼女を部屋まで連れて行って惨状を目にし、諭吉に応援を頼むのだった……

コメディパートはテンポがいい。

幸来が「次は何を……」と言うと、諭吉は座布団を指す。座っていろと。「戦力外通告早過ぎない?」

幸来が「かつてのわが家を見ているようだ」と言うと、諭吉はくわっと怒りを露わにする。「すみません昔のウチよりは大分マシですね」

部長の娘・優芽ちゃんの名言。「私は推しを拝み全力で支えたいのであって推しになりたいわけではない」

7巻が待ち遠しい。



漫画・コミックランキング

「デキる猫は今日も憂鬱」5

  • 山田ヒツジ「デキる猫は今日も憂鬱」5(シリウスコミックス)

2021年6月9日刊。

今回のハイライトは、幸来の帰省だ。なんと諭吉を連れていくのである。諭吉と離れられないという理由で、部屋に必死に隠すが、母が風邪をひいてしまい、幸来には料理ができないため、諭吉の力を借りることになった。というわけで諭吉を両親に正式に紹介。両親はあっさり受け入れる。

幸来の父は棋士、母はバイオリン奏者であることが判明。

実家で諭吉が幸来のアルバムを(何度も)眺め、くっくっくと笑うところがいい。



漫画・コミックランキング

「デキる猫は今日も憂鬱」4

  • 山田ヒツジ「デキる猫は今日も憂鬱」4(シリウスコミックス)

2020年12月9日刊。

この巻で一番印象的だったのは、幸来がインスタで猫を見て楽しんでいる様子を見て、諭吉は面白くない思いをしているのだが、幸来が、どんなに他人の子がかわいいと思っても、結局、自分ちの猫が一番かわいいね、と言ったら急に機嫌を直し、幸来にサービスをするシーン。

諭吉は初めからデキる猫だったわけではなく、大きくなるにつれて少しずつ成長していくわけだが、その過程も楽しい。諭吉が最初にできるようになった料理はおにぎりなのね。



漫画・コミックランキング

「デキる猫は今日も憂鬱」3

  • 山田ヒツジ「デキる猫は今日も憂鬱」3(シリウスコミックス)

2020年4月9日刊。

これまで諭吉は「もしもっと年収が上の人が諭吉を飼いたいと言ったら?」の質問に速攻でOKを出すなど、幸来に対しては塩対応だった。幸来は、舌打ちをされたことはあっても、褒められたことも甘えられたこともないのだが、本巻で社員旅行で家を空けたら、その間、諭吉は幸来を求めて、幸来のパジャマにくるまって寝たりと、可愛いところを見せる。ツンデレかよ!!

というわけで相変わらず癒されるのであった。



漫画・コミックランキング

「デキる猫は今日も憂鬱」2

  • 山田ヒツジ「デキる猫は今日も憂鬱」2(シリウスコミックス)

2019年9月9日刊。

猫漫画になぜ外れがないかというと、猫がかわいいからである。猫漫画を描く作者は間違いなく猫好きだし、そういう人の描く猫は絵柄がどうあれ可愛いものである。

ところが本作の諭吉は、飼い主に懐かない(甘えない)、飼い主が気に入らないことをすると怖い顔して舌打ちをする、それを見て飼い主が震えるという状況で、これで諭吉がかわいいと思えるはずがないのであるが、不思議なことに可愛いのである。料理がうまくできたり、掃除がきれいにできたりしたときに、クックックと笑うところも可愛いし、作者の行動を読んで先回りするところも可愛い。

上司の姪っ子・優芽ちゃんに存在を知られ、懐かれると、正体がバレたら大変なことになると怯える幸来(さく)を尻目に、手土産を持って訪ねて行くところも堂々としていてカッコいい。思うに、諭吉は幸来の、そして多くの読者にとっての「母親」なんだな。食事の支度をしてくれて、朝は起こしてくれて、だらしない、なさけないことをして叱られたりあきれられたりすることはあっても、見捨てられることなく常に味方でいてくれる……

寒くなって幸来はこたつがほしいが、幸来の管理不全から火事を起こしそうになったことがあり、怒った諭吉が処分してしまった。が、きちんとするからこたつを買おう、と幸来がいくら懇願しても頑として首を縦に振らない。……が、町内会の福引の賞品にこたつがあることを知った諭吉が、なんとか当てたいと奮闘するところは可愛い。

結婚する時に諭吉を連れていくというのはいいと思う。昔は嫁入りの時に侍女や付き人を一緒に連れていくのは珍しくなかった(高貴な人だけかも知れないけど)。家事は、誰かがやらなければならないから多くの家で女が押し付けられているので、諭吉がやってくれるなら、夫婦とも家事から解放され、仕事に打ち込んだり、二人だけの時間を持ったりできる。その余裕の時間で、女として、パートナーとして、魅力的であり続けようとすれば、「諭吉がいればお前はいらない」と言われることはないのではないかな……



漫画・コミックランキング

「りの嫁ダイアリー」全3巻

1巻は2021年9月21日刊、2巻は2021年10月26日刊、3巻は2022年4月3日刊。

矢野トシノリという漫画家が天野りのというVチューバーとして登場し、自分の嫁について描いた作品。漫画だけを見ると同性婚のようにも見えるが、天野りのの中の人は男性。

ひとことで言うと全編のろけ話なのだが、「りの嫁」の性格がなかなかいい。変に色っぽかったり甘えたりするような人は僕の好みではないが、彼女のような人柄には惹かれる。ひとことで言うと「男前」なのだ。しかし、女性に対する賞賛として、「女らしい」とか「女子力がある」とかもどうかと思うが、「男前」というのはもっとどうかとも思う。思うけれど、代替の表現が思いつかない。さっぱりしている、竹を割ったような、化粧っけがない、……どれも類似語ではない。とにかく、男前でカッコいい。

りのは嫁にめろめろの様子だが、りの嫁は夫にときめいたことがないという。が、話がしやすいから、一緒にいて疲れないから、価値観が似ているから、結婚してよかったと思うし今も特に不満はない、というのは興味深い。熱烈な恋に落ち、ゴールとして結婚、というのももちろんアリだ。が、恋愛は「非日常」でも結婚生活は「日常」だから、彼女のような考え方は、楽しい結婚生活を長く続ける上では、むしろよいのかも知れない。

ただ、結婚したんだよね? 子ども二人も作ったんだよね? 「ときめいたことがない」というのはちょっと残念かな……。肌に触れられても、それでもときめかないものなのか?



漫画・コミックランキング