鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「ふたり明日もそれなりに」1

  • すずゆき「ふたり明日もそれなりに」1(新潮社バンチコミックス)

以前も一度取り上げたけど、その後発売全巻を読み、改めて1巻から書いてみたい。

いきなり優弥が里央の牛乳プリンを食べてしまい、揉めるところから第一話が始まる。優弥の稚拙な言い訳と謝罪の仕方が可愛い。それでまんまと丸め込まれる里央もちょろい。いや可愛い。

第二話では、花束をもらったら嬉しいという里央に、興味ないふりして花束の手配をかける優弥だが、電話のあて先を間違え、里央に筒抜けになってしまった……。里央が携帯を持ちながら「間違っていると思うわ」というシーンは何度見ても笑える。

第三話では職場での里央の姿が垣間見える。部長からお裾分けされた卵焼きがおいしかったという里央に腹を立てる優弥だが、部長が女と知って相好を崩すところがポイント。部長から卵焼きをもらってくる同僚の名前は不明。

第四話、公園で牛乳プリンを食べつつキス。キスする優弥は照れているが、里央は冷静。

第五話、里央が職場の同僚とランチ。彼氏のことをひたすら愚痴るのはゆんちゃんだが、コッペパンを食べつつ聞き役に徹している(たまに突っ込む)人の名前は不明。第三話に登場した人と髪形は似ているが目つきが少々違う。同一人物か、別人か。この人、あまりセリフもなくひたすらパンを食べているが、パンを頬張ると口が大きく変形する。ここはテストに出るのでうっかり見逃してはいけない。なお翌日、更衣室で着替えている時もこの人はコッペパンを食べていた。

第六話、法事があって帰省した里央を、別れ話をされたと思い込む優弥。

第七話、一日いないだけで互いに寂しく感じる二人。電話をかけるのは里央の方。

第八話、里央は生まれて初めての相合傘。

第九話、風邪をひいて寝込む優弥をかいがいしく看病する里央。そんな里央を愛しく思い、キスしようとするが、さすがに拒絶される。治ったら、と。そして見事に翌日全快する。

第10話、チャンネル権争い。この家のテレビは録画ができないのだった。

第11話、初めて優弥の職場仲間が描かれる。定番の合コン物語。人数が足りないからと先輩に合コンに引きずり込まれる優弥(ひょうきん課長も登場。なら私が参加しようか、と言ってあっさり断られる)。気持ちよく送り出した里央だったが、日付が変わっても帰ってこない……

第12話、朝帰りする優弥だったが、それは酔いつぶれた先輩を家まで送り届け、タクシー代がなく家まで歩いて帰ってきたためだった。そもそも既婚者が……いや結婚してはいないが、同棲している人が、合コンに行くなという話だ。

第13話、里央が真面目な顔をして同僚に優弥のことを惚気る。第五話と同じ相手で、パン好きな人の名は沙織だと判明。パン屋さんのヒートインコーナーで三人ともパンを食べているが、ランチにしては誰もドリンクを頼んでおらず、ちょっと不思議。沙織は相変わらずパンを頬張って大口になっている。なおゆんはすごく子供っぽい子だと思っていたが、意外に考え方は大人だった。彼氏がおらず、婚活もしていない沙織が「寂しい女ですかね?」と漏らすと、「ゆんは沙織のこと寂しい奴だなんて思ったことない」「(食事は)一人でも二人でもおいしいものはおいしいしまずいものはまずい」「世間体を気にしてもいいことない」。ただし「話相手がほしい時はゆんに電話すればいい」と言った途端に速攻で「ヤダ」と答えるとこが沙織らしい。

第14話、エアコンが壊れた夏の夜、それでもくっつきたがる優弥は里央に拒絶されて落ち込む。翌日ひんやりマットを買おうとニトリ、じゃなくてニワトリに行くが売り切れ。がっかりして帰宅すると里央がひんやりマットを買ってきていた。

第15話、酔って帰ってきた優弥が、(可愛い恋人のいる)今が人生のピークだと里央に言い、里央はこれからだってあるんだと答え、キスをする。里央から求めたのはこれが初めて(漫画に描かれる限りでは)。そして優弥の母登場。

第16話、同棲話あるあるで彼氏の母親登場。立ち寄ると優弥に言っていたのに優弥が忘れていたため里央にとってはサプライズとなった。優弥母に嫌われているのではないかと不安に感じる里央だが、実は優弥母もなんとか里央と仲良くなりたいがうまく話ができずにいたのだ。一緒に撮った写真を里央に送ってもらった優弥母はひそかに喜ぶ。

第17話、久しぶりに二人でお出かけ。結婚式の話が初めて(漫画で見る限りは)二人の間で話題になる。

描きおろしの温泉旅行編では、二人が抱き合うところまでばっちり描かれ、満足度が高い。

前回の感想でも触れたが、大人の恋愛物語なので、「そういうこと」を避ける方が不自然。二人の気持ちが盛り上がったらそういうことにつながった方が自然だし、読んでいる側としてもカタルシスが得られるというものだ。もちろんエロくある必要はない。ここらあたりのバランスがきちんととれている作品は意外に少ない。


漫画・コミックランキング

過去記事

「タイツで癒してくれる嫁」

  • ぐらんで「タイツで癒してくれる嫁」1 - 3

タイツで癒してくれる嫁1

タイツで癒してくれる嫁1

タイツで癒してくれる嫁2

タイツで癒してくれる嫁2

タイツで癒してくれる嫁3

タイツで癒してくれる嫁3

Amazonに普通に並んでいたがこれも自費出版本だった。

最近の若い人は(若いかどうか知らないけど)絵がうまいですねーというのと、自費出版でもこれだけのクオリティの本ができてしまうんだというのが驚き。

単なるイラスト集なら興味はないのだが、一応漫画になっていて、それがいかにもバカっぽくてよい(褒めてるつもり)。

ちなみに、エロくはない。エロくなくてもよいが、もう少し色気があるとなおよかった。



漫画・コミックランキング

「#柔女子」

  • 西沢5ミリ「#柔女子」

#柔女子【イラスト集】

#柔女子【イラスト集】

イラスト集だった。西沢5ミリの絵が好きな人は入手すべきだろう。僕は絵も好きだがあくまで漫画(ストーリー)重視派なので、わかっていたら買わなかったかな。まあタイトルに「イラスト集」とちゃんと書いてあるんですけど。まあ西沢5ミリだからいいんだけど。

タイトルにある「#」はハッシュタグですね。インスタか何かで「#柔女子」で検索したら出てきた画像を並べました、という体裁のもの。



漫画・コミックランキング

「はだかのくすりゆび」の続編「あの夜のささやきが」

あの夜のささやきが。

あの夜のささやきが。

「はだかのくすりゆび」の続編という触れ込みで、作者自身もあとがきでそう書いてあったが、主人公の名前が「翠」で共通しているという以外、特に一致する登場人物はいない。独立した短編と考えてもおかしくない。続編だとしても矛盾はないが、だとすると「はだかのくすりゆび」直後に相当なことが起きたと考えられ、それはそれで興味をそそられる話である。*1

さびれた町で居酒屋を経営するワケあり女の翠。客がどんなにコナをかけても決してなびかないことで有名だったが、さすらいのチェリストとついに関係を持ってしまう、という話。

翠は、男好き、セックス好きの血が流れていることを自覚しているがゆえに自ら禁欲を課していたが、葛藤の末についにチェリストの彼を求めてしまう。しかし、そこの到るまでの彼女の生活が、なかなかに情緒的で興味深い。



漫画・コミックランキング

*1:離婚したことになるが、慰謝料はもらえたのか、払ったのか、両成敗となったか。これまでパート仕事すらしたことのない翠が居酒屋を経営するまでには相当な苦労があっただろう。煙草を吸うようになった点でも、かなりの変化があったことが窺える。しかし、抱かれた男のことは思い出しても娘のことは思い出さないのが哀しい。

フランス人と過ごす三週間「フランス家族のニッポン滞在記」

  • 大場もも「フランス家族のニッポン滞在記」(Atelier Momo)

ダーリンは外国人」以降、外国人を間近に見ている人による私家版比較文化論……的なエッセイ漫画が成立するようになり、一定のジャンルを獲得しているが、本作品もその流れを汲むものか。一般に「外国人」というと僕らは普通はアメリカ人を連想してしまうが(「ダーリンは外国人」のトミーがそうであるように)、本作に登場する外国人はフランス人である。

僕は(そして恐らく一般の日本人は)フランス人についてはアメリカ人に比べてはるかに知らない。といって全く知らないわけではなく、たとえば言葉は「ボンジュール」「シルブプレ」「トレビエン」「アデュー」くらいは知っている。何も知らないと興味がわかないが少し知っているともう少し知ってみたくなる。というわけでタイトルに惹かれ、購入してみた。

作者がフランス人であるティボと知り合い、恋に落ち、結婚し、出産するまでを描いたもの。とはいえ、出会ってから妊娠するまではあっという間で、(残念ながら)甘く切ない恋物語などは一切描かれない。出産間近になり、生まれてくる子をお祝いしようと、夫の家族やその友人など総勢6人が作者夫婦の家にやってきて三週間滞在することになり、その間のドタバタを描いたものである。

異国の地に住む息子に子供が生まれるとなれば、親としては孫の顔を見たかろう。しかし義両親二人が数日泊るだけでも気遣うものである。それを親戚ですらない人まで連れて「6人」で「三週間」も泊っていくとは驚きである。泊る方だって気づまりではないのだろうか? 僕が作者の立場なら迷わず近くのホテルを薦めるところだが、作者はいろいろと行き届かず「申し訳ない」と思っている点も驚きである。

もっとも、土地57平米、居住面積120平米とのことだから、首都圏の基準で考えると相当に広い家である(我が家の二倍ある)。広島だとこれが標準なのだろうか?

フランス人の日本人との違いはそれなりに面白かった。一番興味深かったのは、日本のパンとフランスのバゲットとの違い。なんとか日本にいる間においしいパンを食べてもらいたいと思い、あれこれ探す作者に、夫のティボ氏が、そんなことしなくていい、彼らは別に日本にフランスを探しに来たわけではない、と断じるところが面白い。それはそうだよね。もし僕がフランスへ旅行して日本料理店で残念な気持ちになったとして、僕がフランスにいる間においしいお米を探します! と言われても、いや別に、ご飯を食べに来たわけではないし……とは思うわなあ。でも日本人として、おいしいパンを一度は食べてもらいたいという気持ちもわかる。ここが本書のハイライトのように感じた。

それにしても、出版社の明記がなく、発行所として「Atelier Momo」とあり、もしやと思ったら、これは大場ももの個人ショップのようだ。

なぜちゃんとした出版社ではなく自費出版になってしまうのかは一考に値する問題だが、本書の評からは離れるのでここでは論じない。2021年1月15日発行。続編の企画もあるようだ。期待しよう。



漫画・コミックランキング

「はだかのくすりゆび」3(完結)

はだかのくすりゆび 3

はだかのくすりゆび 3

マヤが留学し、子育てから解放された翠は、ユキトとの行為にのめり込む。

ユキトは、会ってひたすら行為に励むだけの関係に疑問を感じるようになり、しばらく会うのをやめることに。

そんな矢先に、翠は妊娠したことを知る。誰にも相談できず、ばったり会ったヒデに打ち明ける。ヒデは知り合いの産婦人科を紹介し、翠は堕胎。健康を回復した翠はお礼と言ってヒデと食事に誘い、ヒデと関係を持つ。

ガツガツ求めるだけのユキトの行為に対し、ヒデのそれは内面を裸にするようなやり方であり、翠はのめりこんでしまう。

夫が愛人に小遣いをねだられ、まとまった金を渡そうとしているのを知り、「そういう人がいてもいいけど、お金でつながる関係は卑しいもの」と嫌味を言ってしまう。夫は逆上し、とっくに枯れた女が男と女を語るなと怒鳴る。翠は「枯れてますか? 私、まだ子供生めるんですよ」と言い返す。

ある日、帰宅した夫は、家で翠がヒデを致しているのを目撃してしまう。自分の妻が、たいそう色気のある、淫らな女であったことを知り、ショックを受ける。現場に踏み込む勇気はなく、とにかく落ち着こうと水を飲むと、テーブルの上に結婚指輪が置かれていることに気づく。夫も自分の左手の薬指から指輪を抜き、そこへ置いて家を出ていく。

という物語である。

翠がユキトだけでなくヒデとまで関係を持つことに驚く。わざと娘が付き合っていた男を選んでいるというより、これは翠の交友範囲の狭さを表わしているのだと思う。要は世間知らずなのだ。

そして最後、自分の行為を夫に見せつけるところがすごい。夫は愛人宅に行く予定の日だから、夫の帰宅は計算したものではないだろうが、夫が覗いていることには気づいていたはず。しかし妻の不貞を知っても二人の間に入って文句を言う勇気がないことも、翠にはわかっていたようだ。

「はだかのくすりゆび」は「結婚指輪を抜いた指」という意味。



漫画・コミックランキング

「はだかのくすりゆび」2

はだかのくすりゆび 2

はだかのくすりゆび 2

マヤは20以上も年の離れた男、ヒデと付き合っていた。初体験の相手であったが、マヤは行為自体はさほど好きではなかったらしく、したのは4回だけ、最近は(ユキトと付き合うようになってから、ということだろう)会っていなかったようだ。が、マヤから急に会いたいと言ってヒデを呼び出し、公園でコトに及ぶ。

母の女の顔を知り、自分も女であることを知って、確かめたくなったのだ。が、ユキトとはキスはしたがその先はまだ。それでヒデに声をかけたようだが、公園で、誰かに見られるかも知れないと思いながらの行為がとてつもない快感を生むことを、マヤは知ってしまう。

このヒデは、友人夏美の父親だった。母親のことを知るずっと前に、友人の父親と関係を持ったりしていたのだから、マヤは相当である。また、娘の友人ということを差し引いても、高校生に手を付けるなど、ヒデの方も相当なものである。さらりと描いているが、翠のやっていることなど可愛いものだと思えてしまう。

翠はマヤの部屋の掃除をしていて、投稿写真集を見つける。こんな本を読んでいるのかと驚き、中を見てみると、目に留まった女性がいた。目に留まったのは、恐らく娘にどことなく似ているからだろう。もっとも娘の髪はショート、写真の女性はロングだから、別人なのは明らかだが……。露出を繰り返しているのだが、背景からすると近所のようだ。

ある日、翠が駅のホームで一人で電車を待っていると、向かいのホームにその露出女がいた。女は翠を見ると、厚いコートの前をはだける。なんとその下には下着をつけていなかった。驚いた翠が気づいた時には女は姿を消していた。挑発された翠は収まりがつかなくなり、ユキトに連絡を取り、これまでより激しく、大胆な行為を繰り広げる。

「スイッチ」の入ってしまった翠は抑えが効かなくなり、家事を放り出してユキトの家に通い、外泊を繰り返す。夫は荒れるが、マヤは呑気に構えている。「パパだってしょっちゅう外泊しているじゃない。パパはよくてママはダメなの?」とやり返したりする。

ある日、露出女を見かけた翠は、ふらふらとあとをついていってしまう。女は中年男と会い、道端で行為を始める。驚く翠は、男が娘の友人・夏美の父だということを思い出し、女がウィッグとサングラスで「変装」しているものの、マヤであることを確信する。

その後、マヤは母とユキトを呼び出し、自分はヒデを連れて行って「ママに隠し事はイヤだから」とすべてを暴露する。翠はマヤに、自分のことを棚に上げて言うけれど、マヤの身体が他人の視線に晒されるのは納得できない、という。ヒデは、私も自分のことを棚に上げて言いますが、と翠に向かい、自分の母親が見合い相手とセックスしている現場を見て、普通でいられると思いますか? これは彼女なりの自分を保つ方法だったのでしょう、と。

母親にすべてを話したマヤは、ヒデもユキトも吹っ切って海外留学を決める。新しい第一歩を踏み出すことにしたのだ。が、娘がいなくなって親でなくなった翠は、夫の世話を放棄してユキトとの行為にさらにのめり込むことになる。

1巻で、翠とユキトの行為を目撃したあとの展開はジェットコースターだなあと思ったが、本巻では、翠、ユキト、ヒデの前にマヤが裸で現れたあとの展開がジェットコースターだ。体裁とか建前とかを脇に置いて、4人が本音をぶつけ合うことでいろいろと昇華され、マヤは先に進んだが、翠はさらに堕ちていく。このあとはどう展開するのか……

余談だが、たいていの公園は、真夜中でもかなり明るい。そして障害物が少なく見晴らしがいいから、そこでなにかをすると、かなり遠くから見えてしまう。それに裸だと不心得者がやってきても迅速に逃げられない。キスや服の上からのボディタッチくらいならともかく、服を脱いでの行為はしない方がいい、と思う。


漫画・コミックランキング