鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「キックの鬼」6

5巻の後半から、タイでは打倒沢村を本気で考え、プロレスラーのキングコングを招聘し、ルール違反にならないプロレスの殺し技の修得に励む話が約一巻分にわたって描かれる。このあたりはかなり嘘くさい。

当時、投げ技を使うタイ国選手がいたのかどうか、僕は事実は知らない。しかし、タイ人がタイ式に誇りを持つのならば、タイ式の技に磨きをかけるだろう。プロレス技で仮に沢村に勝ったところで、それはプロレスがキックに勝ったというだけで、タイ式が勝ったことにはならない、とタイ式の選手は思うと思うのだ。

それに、これは漫画を読んでの感想というより、僕の持っている総合的な知識からの判断だが、当時のタイ式にとって、別に沢村の存在は脅威でもないし、まして本気で打倒を誓う相手ではなかったと思う。ランキング入りするような一流選手は、長期遠征して自国で試合をしなければランクが下がってしまうから、好き好んで日本に行くとは思えない。一方、二流どころの選手にとっては、日本という市場ができたことでいい商売になったのではないか。

これまでの対戦相手は、ライト級チャンピオンとかミドル級チャンピオンとか紹介されたが、そのタイトルが虚偽でないとしても、まさかルンピニーやラジャムハラ認定のタイトルではないだろう。どこか小さな組織の認定する草タイトルではないか……

さて、最終章は沢村の100連続KO勝ちを収めたところで幕を閉じる。どんな世界でも、100連勝だって大変なのに、100連続KOは確かにすごい。

そして、栄光のうちに幕が降り、希望を持たせた終わり方になっているのも好感が持てる。梶原一騎のスポーツ漫画は、ハッピーエンドのものがひとつもない。「タイガーマスク」も「あしたのジョー」も「巨人の星」も、最後は主人公の破滅で終わる。*1事実に基づいた話だから勝手に主人公を殺したり再起不能にしたりできないからではあるが、こうした終わり方にほっとした。



漫画・コミックランキング

*1:柔道一直線」に到っては、最終章が単行本に収録されていない。

「キックの鬼」5

新必殺技「垂直2段げり」でポンニットを瞬殺するところから始まる。

日本で何度も戦ったモンコントーン・スイートクンに、勝ちはしたが肋骨を二本折られるという事件があり、長期入院。この間に山崎照朝、大沢昇が少しだけ紹介された。この二人はともに極真空手出身のキックボクサーで、山崎はキックをやっていた期間は短かったが、大沢は伝説的な強さを誇った――ということは、これも梶原一騎原作の格闘技作品の読者ならばおなじみのこと。もっとも、時系列的には、この作品が一番早かったかも知れないが……

ここでの記述によると、沢村のキック人気に目を付けた他のテレビ局がそれぞれ選手を養成し、試合を行ない、自局にて放映するということを始めたようだ。組織が違うから沢村が直接試合をすることはないが、視聴率争いが火ぶたを切った、と。

ジムが増え、選手が増えるのは、そのスポーツが栄える上ではむしろ望ましい。が、それならそれで野口がコミッショナーにでも収まり、互いに試合をして誰が真のチャンピオンかを決めましょう、となぜ働きかけなかったのか。それぞれが独自に興行を行なえば対戦相手もいつも同じになってしまい、すぐに飽きられよう。そもそもがテレビ局の視聴率争いから始まったことだから、それはできなかったのか。

しかし選手である沢村が、他の組織よりいい試合をしてファンに認めてもらわねば、と発想するのがわからない。試合をしたいとか、チャンピオンは俺だとか、そういう風には思わなかったのだろうか。まあ、物語的に、あまり触れたくない話題ではあったんだろう(でも極真系の人だから梶原一騎的には、どこかで名前を出しておきたかったんだろう)。

食べるものにも事欠く時代を経て、目黒駅前の一等地に新築のビルを建てるまでになる。

女性キャラ初登場。野口社長の姪っこの悦子。やたらジム所属の選手になれなれしく迫る。女性を描くのが苦手な梶原一騎なのだから、男性だけでもよかったと思うが、誰かから何か言われたのか。頑張って登場させてみました、といったところ。

対戦相手

  • ポンニット・キット・ヨーテン(続き)
  • ソムチャイ・シンチャイベル(タイ国ジュニアライト級ホープ
  • シンノンスイ・スイートクーン(タイ国ライト級)
  • アティサック・ムーグルヨーン
  • モンコントーン・スイートクン
  • シンチャイノイ・ローキットヨーン
  • アティサック・ムーグルヨーン
  • シンチャイノイ・ローキットヨーン
  • ソムチャイ・ルークパンチャマ
  • ロイロム・ソパードシン
  • ダウソン・バンカーロップ


漫画・コミックランキング

「キックの鬼」4

冒頭では数回を費やして沖縄空手との対決が描かれる。

それから、ジムメイトの結婚。

そして日本武道館におけるチャンピオンカーニバルの開催。

話に変化を持たせようという努力の跡がうかがえる。

チャンピオンカーニバルは、全階級のタイトルマッチ7試合を一夜のうちに行なうというもの。普通、こういう時は軽量級から順に試合を行ない、最重量級が最後に試合をすると相場が決まっているが、なぜか、フライ級、バンタム級、ミドル級、ヘビー級、ウエルター級、フェザー級、ライト級の順に行われたらしい。最も人気のある沢村の試合をトリにしたいということなのかも知れないが。そして東洋ミドル級チャンピオンだったはずの沢村は、ここでは東洋ライト級チャンピオンとされている。まあ、ライト級が正しいのだろう。だとしたら、ミドル級の選手と戦うなどというのは狂気の沙汰である。

後半に登場するソラコイ・シンコンカーは、以前沢村に負けたポンサク・ラートリットの弟だそうだが、漫画を読み返す限りポンサク・ラートリットなる選手とは戦っていない。ポンサワン・ラートリットのことだろうか?

シンコンカーの必殺技スクリューキックを見て、真空とびひざげりではない第二第三の必殺技が必要と悟り、特訓を始める。それが完成したらしいことを匂わせ、ポンニット・キット・ヨーテンとの試合が始まったところで終わり。前巻で開発した「フライング・ドロップまわしげり」が第二の必殺技ではなかったんかいな。

対戦相手

  • ポンサワン・ラートリット(タイ国ライト級3位)
  • ポンニット・キット・ヨーテン(タイ国ミドル級チャンピオン)←いつミドル級のチャンピオンになった!?
  • ポンサワン・ラートリット(再戦)
  • モンコントーン・スイートクン(タイ国ライト級チャンピオン)
  • ピッチャイ・ソーサートーン
  • ソラコイ・シンコンカー(タイ国フェザー級1位)
  • ポンニット・キット・ヨーテン


漫画・コミックランキング

「キックの鬼」3

国際式でもタイ式でも、ボクシングは体重制であり、違う階級の選手と戦うことはない。とはいえ、強くて敬遠される選手が、クラスの上の選手と戦うことはあるようだが、タイトルや順位には影響しない。エキシビジョンみたいなものだろう。

沢村忠は、写真で見る限りでは明らかに中量級(ライト級あたり)の選手と思えるが、いきなり東洋ミドル級のタイトルを与えられた(一巻)。タイ式ライト級チャンピオンを倒して東洋ミドル級チャンピオンを名乗るのも変な話である。

二巻では体重がわかるのはシート・ナノンリットのみでウエルター級。本巻では冒頭でタイ国ライト級チャンピオンと戦って引き分け、ラストでタイ国ミドル級チャンピオンと戦ってKO勝ちを収めるが、このタノンスク・キットヨーテンはポンチャイ・チャイスリアに「勝るとも劣らない選手」として紹介された。勝るとも劣らないどころか、ポンチャイはライト級でタノンスクはミドル級なのだから、ポンチャイはタノンスクに「歯が立たない」だろう。

キックボクシングの黎明期、一試合でも多く沢村に試合をさせ、一人でも多くの人に見てもらいたい、そのため体重などに構っていられない、相手をしてくれるなら誰でもいい、という事情はあったかも知れない。が、もし沢村がライト級程度の体格なら、ミドル級のチャンピオンと戦うのは無謀に近いし、相手が本気で沢村を敵視するとも思えない。体格が違えば攻略方法も変わってくるが、そうした点に一切触れていないのは奇妙である。

タノンスク・キットヨーテン戦では第二の必殺技「フライング・ドロップまわしげり」を初披露した。ただの飛び蹴りに見えるが……

対戦相手

  • ポンチャイ・チャイスリア(タイ国ライト級チャンピオン)〔引き分け〕
  • ジミー・ゲッツ
  • シンチャイ・ソー・タヤスク〔試合結果のみ〕
  • キットサノット・キット・ヨーテン〔試合結果のみ〕
  • スラサック・バーボーズ〔試合結果のみ〕
  • ポンニット・キット・ヨーテン〔試合結果のみ〕
  • ……
  • ポンニット(再戦)〔試合結果のみ〕
  • ポンニット(再々戦)〔試合結果のみ〕
  • ポンニット(再々々戦)〔試合結果のみ〕
  • カンワンプライ〔連勝記録が30でストップ〕
  • タノンペチンチャイ(タイ国フェザー級2位)〔試合結果のみ〕
  • ポンサロン(タイ国ライト級5位)〔試合結果のみ〕
  • タノンスク・キットヨーテン(タイ国ミドル級チャンピオン)


漫画・コミックランキング

「キックの鬼」2

梶原一騎の作品のひとつの大きな特徴に「必殺技」の存在がある。矢吹丈ならクロス・カウンターやトリプル・クロス・カウンター、星飛雄馬なら大リーグボール、タイガーマスクならウルトラタイガードロップやタイガーV。柔道一直線なら地獄車や二段投げと枚挙に暇がない。

梶原一騎以前に必殺技が皆無だったわけではないだろう。姿三四郎にも山嵐という必殺技があった(山嵐は実在の技だから「得意技」というべきか)。しかし必殺技の威力を満天下に知らしめたのは梶原一騎の功績ではなかったか(功罪あるが)。以後は「サインはV」におけるX攻撃をはじめ、多くのスポーツ漫画で必殺技が目白押しとなる。それを究極まで推し進めたのが「リングにかけろ」だろう。何しろどんな技なのかほとんど説明がなく、技の名前を叫んで手を突き出すと、相手がケシ飛んでいくのだから。

スポーツには、ルールの元、長い間に磨き抜かれた数多くの「技」が存在する。どのような状況でもその「技」が出せるように磨き抜いていくのが重要であり、何もこれまでになかった技を開発すること「だけ」が相手に勝つ道ではあるまい。また、仮にそのような技があったとしても、ここぞという場面でたまにやるから効果が出てくるので、毎試合披露していては、パターンを読まれ、かわされやすい。かわされ、防がれたらまた新しい必殺技を開発する……というのは荒唐無稽である。

ただしウルトラマンにおけるスペシウム光線のように、見る側からすれば独自の必殺技があって、毎回それで勝つ、というのはわかりやすいのは事実だろう。

本作は一応ノンフィクションの建前であり、真空飛び膝蹴りは実在の技だったようだが、「重力に逆らう」とか「真空地帯を作り」とか、技の開発にあたっては梶原一騎らしいけれんみにあふれている。

そういえば昔、沢村がインタビューで、試合を見に来たお客様は漫画のように高く飛ばないのでがっかりする人が多い、と苦笑いをしていたことがあった(という記事を読んだ)。

対戦相手

  • バイヨク・ボーコーソー(ナイフで刺しても肌に傷がつかない鉄人)〔東洋ミドル級初防衛〕
  • シート・ナノンリット(ウエルター級3位)
  • ピサンダ・ラートカル〔試合結果のみ〕
  • ペイント・ロジャーナ〔試合結果のみ〕
  • バイヨク・ボーコーソー〔試合結果のみ〕
  • チャンデ・サイスリーム〔試合結果のみ〕
  • ダイオイリスト・プラサ〔試合結果のみ〕
  • ピサンダ・ラートカルモ〔試合結果のみ〕


漫画・コミックランキング

「キックの鬼」1

なんだかバカバカしくてスカッとした話が読みたいと思い、全巻大人買い。十数年前にコンビニ本として出た時にも買っているのだが、思ったより長い話だ。コンビニ本はダイジェストだったのかな。

実在の沢村忠の半生を描いたもの。実在の人物を主人公とし、実話と思わせて虚実ないまぜの話を描くというのは、のちんに「空手バカ一代」で結実された手法だが、その先駆けを見ることができる。同時期の作品「ジャイアント台風」も恐らくそうであろうが、こちらは未読。

沢村は(極真空手の)大山倍達とは直接の親交はなく、流派も違うが、「空手の先輩」としてちょいちょい大山倍達のエピソードをはさんでいるのが笑える。著名な人物であれば引き合いに出す意味もあろうが、この作品が発表された時点(1969~1971年)では、沢村忠を知らない人はいないが、大山倍達は無名の人だったのだから、無意味な紹介である。漫画作品にかこつけて、なんとか大山空手を宣伝したいとおもったのだろう。編集部もよく通したものだ。

沢村がサマン・ソーアジソンに負けて、本格的にタイ式をやる決意をし、山籠もりをしたとか、その時に眉を片方ずつ剃ったとか、これらはのちに「空手バカ一代」や「カラテ地獄変」で大山倍達(やそれをモデルとした大東徹源)が行なったとされて有名になったやり方である(大山倍達がやったこと自体、眉唾であるが)。

技の練習は練習生に囲まれてスパーリングなどを重ねた方が身に付く。山での不自由な生活で力がつくとは思えないが、「山籠もり」をして自分を追い込むことで普通の生活では得られない「力」が身に付くという神話に一役買ったのだろう。

復帰戦でタイ式ライト級チャンピオンであるモンコントーン・スイートクンをKOして東洋チャンピオンになるところで一巻終了。戦績はさすがにごまかせまいが、いくら沢村が空手の学生チャンピオンでも、プロ転向後わずか3戦で(1、2戦はただの対抗戦だから、厳密にはデビュー戦で)タイのチャンピオンに勝てるはずがない。そもそもタイ式のチャンピオンは、藤原敏男に負けるまで、外国人に負けたことはなかったと、梶原一騎が(「四角いジャングル」で)書いていたのではなかったか。



漫画・コミックランキング

「からかい上手の高木さん」16(最新刊)

本日発売の最新刊。ようやく中学2年生に進級(2014年から7年かかった)。

相変わらず仲がいいが、高木さんが罰ゲームとして「キス」を持ち出すのは少々あざとい。

「調理実習」

高木さんがからかってこないことを不審に感じる西方であったが、実は高木さんが料理に自信がなくて、からかう余裕がなかったことまでは気づけない。なんとかおいしくできてほっとする高木さんなのだった。ユカリ、サナエ、ミナの三人組が久々に登場。

「ウソとホント」

「高木さんと登下校するの楽しいよ」「私もだよ」と告白し合う。まあ、実際ほぼ毎日のように一緒に登下校しているわけだからなー。その事実がすべてを物語っていると思うけれども。

視力勝負

視力は西方の方がいいようだ。「西方、視力がいいっていっても、見えてないことの方が多いしなぁ」。例えば掃除をしている西方を見ている高木さんが、「す」「き」という文字を指し続けているところとか……

交換日記

ついに二人は交換日記を始めることに。しかし真野、中井も含めた4人で回すものと、二人だけのものと。そんなに書くことねえよ!!

チョコ

浜口と北条が初々しくて好きだ。

微熱

熱を測るためとはいえ、高木さんと西方がおでこをくっつけ合う。「ちょっと照れて顔が熱くなった」と高木さんが言っても「あの高木さんがテレてたなんて……ないない……」と信じない西方だった。そういうとこだぞ。

卒業式

高木さんは卒業式がくるのはさみしいそうだ。理由はわかるけど、2年生になったばかり。まだそれを気にする時ではないと思うぞ。

おまけ

娘さんも久々に登場。

一応、これまでより少し二人の関係は接近したようにも見えるが、変に気を持たせたり、わざとすれ違わせたりするといやらしくなるので、その辺はほどほどにしてほしいと思う。まあとにかく安定のクオリティではあるから、続く限りは買う。



漫画・コミックランキング