鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「1・2の三四郎2」2

小林まことには「柔道部物語」という作品がある。本作に先立ってヤングマガジンに連載されたもので、代表作のひとつに数えられている。「柔道部物語」の成功は、三五十五という人間の主人公もいるけれど、「柔道部」を主役にした点にあろう。全国の柔道部員、元柔道部員(そして柔道以外の部活動の部員、元部員)が、わがことのように感じて熱狂したのである。

その伝に倣えば、「1・2の三四郎2」は「インディープロレス業界」を描いたものだといえるだろう。お金がないから自主興行が打てない。練習場所の確保も一苦労。五頭信の自宅兼事務所兼合宿所だという狭いアパートの一室で、プロモーターに電話をかけまくったり、他団体に挑戦状を書いて送ったり。試合ともなればビールを売ったりお好み焼きを売ったり写真を売ったりして少しでも売り上げをあげるよう努力して、試合前は椅子をならべ試合が終われば敵味方一緒になってリングを片付ける。

このような内容をリアルに、ユーモアをもって描いたのである。世にプロレス漫画は多数あれど、こんなことを描いた作品はなかったはずだ。

現実のプロレスの世界には自分はさほど詳しくはないが、「1・2の三四郎」連載当時は、プロレス団体といえば全日本、新日本、そして国際の三つだけだったはず。が、1989年に大仁田厚FMWという団体を興したのを皮切りに、1990年代は数多くのインディー団体が乱立することとなった。本作が連載を開始した1994年は15ぐらいの団体があったはず。

作品の中でも三四郎らが、こうした実在の団体に挑戦状を送るシーンがある。何通か返事が来るのだが、それは実在のプロレスラーが直筆で書いているのである!(文面は誰が考えたんだろうか?)

また、単行本には収録されていないが、三四郎の着ぐるみを着た人が、それぞれのプロレス団体を取材に訪れるという企画があり、ヤングマガジンのグラビアにたびたび掲載された。あれは結構面白くて、楽しみにしていた。

考えてみれば当たり前なのだが、プロということは、それで生活をするということ。だから大事なのは観客を集めることであり、利益を上げることなのである。だからといって強くなくてもいいのかというと、やはりそういうわけではなくて、絶対的な強さを誇るエースがいれば人気も安定するが、そうでないと経営は厳しい。FTOも田中プロレスもプロ柔道も、結局エースが惨敗したり怪我で長期離脱する羽目になって経営が傾いている。とはいえ、強ければ、勝てば、即座に大儲けできるかといえば必ずしもそうではないのがつらいところだ。

そういうわけで、三四郎らも、金銭的には苦労しながら、プロレスを続けていくのである。



漫画・コミックランキング

(2020/6/3 記)

「1・2の三四郎2」1

「1・2の三四郎2」はヤングマガジンで1994年~1998年に連載された。前作が1978~1983年の連載なので、連載終了後10年以上経ってから発表された続編だが、時系列では前作の5~6年後ぐらい? から物語が始まる。*1

これは隠れた名作である。「隠れた」というのは、連載中は三四郎自身が(三四郎の着ぐるみを着た人が)プロレスのインディー団体を取材に行く様子がグラビアに何度も掲載されるなど、それなりには話題にはなったけれど、連載終了とともに人々の口の端にのぼることもなくなってしまったからである(定量的な観測ではなく印象で述べているに過ぎないので、間違っているかも知れないのだが)。

単行本にして全6巻と、あっさり終わってしまったことが主要因ではないかと思われる。前半はいったんプロレスを引退した三四郎が再起するまでに尺が割かれるが、復活してからは美鈴拳と丸亀鶴丸との試合がちょっと印象に残る程度で、山場は赤城欣市戦のみ。三四郎以外のメンバー(西上馬之助とか成海頁二とか)の試合はほとんど描かれない。これでは、なかなか人口に膾炙するのは難しいのだろう。

しかしそのストーリーは実によくまとまっており、小林まことの作品の中でも屈指の出来だと思う。また、ラストシーンの苦手な小林まことの作品の中で、出色の出来であり、「名作」と呼ぶにふさわしい作品であると、ここで強調しておきたい。



漫画・コミックランキング

(2020/6/2 記)

*1:作品を読み返したら、三四郎と美鈴拳の試合はデビューから9年後だと明記されていた。ということは、物語の冒頭の時点で前作から7年が経過していたことになる。

「宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八」

  • 小野雅裕「宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八」(ソフトバンク新書/株式会社コルク)

紙の本はソフトバンク新書の一冊なので、発行はSBクリエイティブだが、kindleは出版元がコルクになっている。表紙の(宇宙兄弟の)イラストや扉の写真は同一である。

二年前に書店で本書を目にし、面白そうだと思って購入したのだが(当時、既に本は基本的にkindleで買うことにしていたから、自分としてはかなり珍しく、英断でもあったのだが)期待以上に面白い内容で、久々に、買って良かった、読んで良かったと思った。科学解説書なのだが、地球外生命体を探す話がここまで進んでいるとは知らなかったので、そのことに単純に驚き、興奮したこと。また、なぜ地球外生命体を探求するのか、という設問に対する著者の回答に感動したこともあった。

その本は今でも持っているが、たまたまkindleで出ているのを知り、kindleの方が読みやすかろうと思って再購入した。が、ちょっと読みにくい。なぜかページが重い。タブレット側の問題かとも思うが、他の本はここまで重くないので、不思議。他の本といっても、最近はもっぱら漫画ばかりだから、活字の本は文字情報を解釈しながら文字を表示させないといけない分、時間がかかるということなのだろうか? 特に小説と違い、解説書は前に書いてあったところに戻って確認して……という「読み返し」が頻繁に発生するため、ページが重いとつらい。

紙の本でもう一度読み返してみようか。


漫画・コミックランキング

(2020/5/29 記)

「1・2の三四郎」プロレス編(その6)ギャグ編

小林まことのギャグの特長は、特にラグビー編・柔道編においては、「絵で笑わせる」点にあった。すべてがそうではないが、そういうものが多かった。

例えばオープニング。1巻の1ページ目。三四郎がものすごいスピードで走っている、む、と横を向く、電信柱にぶつかる。あた、と叫ぶがそのまま走り去っていく、走り去ったあとに壁を見るとポルノ映画のポスターが貼ってある。引き込まれ、思わずニヤリとするシーンだが、説明は何もない。

三四郎が志乃にラグビー部をやめた理由を訊かれ、じつは……と真面目な顔をして話そうとした瞬間にボールがぶつかる。あるいは、おれはこれから柔道部へ行くからついてくるな、といって軽々と柵を飛び越えて去ってしまう……実は穴に落ちている、とか。これらはある意味では漫才などでは定番のパターンかも知れないが、漫画のキャラクターにきちんと演技をさせた点は評価に値する。

のちに定番となる、口を横に大きく開いていやらしく笑う表情は第5話で工藤先生が最初に示し、第6話で三四郎・虎吉・馬之助が揃って見せている。いわゆる「アホづら」なのだが、この顔を見るだけで状況を察してこちらも釣り込まれる。作者はこうした「変顔」には特に力を入れたらしく、このあとさまざまな「アホづら」のバリエーションが登場することになる。

第9話で、時間がないから手分けしてあたるぞ、と言って三四郎・虎吉・馬之助・志乃が四方に散るのだが、三四郎は菜緒子さんのいる陸上部へ向かい、声をかけようとした瞬間に四人が四方から菜緒子さんに声をかけるとか。キャラクターが実に表情豊かで、いい動きをしているのだ。

漫画家だから絵で笑わせるのは当然と思いたいが、セリフや説明が少なくて絵を見ただけで思わず笑ってしまう、そういう絵を描く漫画家は実はそう多くない。恐らくそれは難しいことなのだろう。だが、小林まことのギャグは、単に「面白い」というだけでなく、時代を画するものでもあったのだ。

ところが、プロレス編では言葉によるギャグが急に増える。この辺は好みもあろうから、それが一概に悪いとは言わないが、言葉によるギャグは、読まないといけないので時間がかかる(爆発的な笑いを呼ばない)のと、一度読んで知ってしまえば、二度目以降は笑えない。絵で(キャラの表情と演技で)笑わせるものは、見た瞬間に笑えるし、繰り返し見て繰り返し笑える。*1

なぜ急にギャグが変質したのかはわからない。全体的に疲れて来たことが影響しているのかとも思う。


漫画・コミックランキング

(2020/5/27 記)

*1:例えば古典落語。話を知っているサゲを知っている、でも名人の高座を見に行くと、やはり笑ってしまう。それは話の内容ではなく、噺家の表情や仕草がおかしいからだ。

「1・2の三四郎」プロレス編(その5)ストーリー展開編

桜五郎は10巻で登場。塚原への挑戦を名目に塚原の留守に練習場へ殴り込み、三四郎と出会う。翌日の試合でも乱入し、これを契機に三四郎と五頭の因縁ができる。その後、桜はしばらく三四郎らを育てることに専念し乱入は控えていたが、塚原が桜の家を訪ねてきて二人が実は幼なじみの仲良しだったことが判明。しかしタッグでのチャンピオン獲得から仲たがいすることになったいきさつが語られ、塚原は桜とタイトルを懸けて闘うことを正式に表明。このシリーズで三四郎らもデビューし……と、さんざん因縁があって、三四郎は新人タッグチャンピオンを獲得。そしてついにメインエベントとして塚原と桜が激突!!

……するのだが、この試合はわずか一コマで終わりである。延々単行本にして10巻にわたって引っ張ってきた因縁試合がたったの一コマとは、読者を舐めているのか。ここまで読み進めてきて、がっかりした読者は多かったのではないか。塚原が勝つのも、桜が引退するのも、新東プロへ復帰するのも、なんとなく想像したことであり、それはそれでいい。しかし、そんなことをセリフで説明しなくていいから、試合を描いてほしかった。三四郎・成海とオズマ・ノーラン戦のように、白熱した試合を延々と描かなくてもよいが(描いてもよいが)、せめて週刊誌で二週分くらいは試合経過を描くべきだったのではないか。

さらに言うなら、その前の桜・エリック戦も描くべきだった。われわれは、桜のオッサンが三四郎らとスパーリングをしているところや、乱入しているところはさんざん見ているが、試合しているところは全く知らない。新人の三四郎らよりは強くても、長く実戦から遠ざかっている桜は、本当の一流どころと比べてどのくらい強いのか。エリックも塚原のタイトルに挑戦するほどの強者であり、これを屠るところを描けば、塚原との決戦はさらに盛り上がったと思うのだが。

三四郎の試合にしてもそうだ。三四郎・成海と富山・山口戦が描かれなかったのは納得がいかない。富山・山口はオズマ・ノーランに優勝させないために新東プロが送り込んだ優勝候補筆頭で、五頭・柳よりはるかに強いという下馬評だった。五頭・柳に勝った三四郎らが、格上相手にどのように闘うか、読者は興味深々だったはず。それをたったの一コマで済ますとは……。それだけではなく、準決勝の相手、ジュノ・ルパン戦も、能書きは長かったが試合そのものはやはり1ページで終わり。塚原のテレビ出演や三四郎の雑誌インタビューなどのギャグシーンはていねいに描くのに、肝心の試合を飛ばされては、不完全燃焼もいいところだ。

父親を登場させたのも、話を広げ過ぎだと言いたいが、柔道編であのような形で父親を描いてしまったので、伏線を回収しておきたかったのだろう。しかし、父親の愛人(?)や妹まで登場させたのはいくらなんでもやり過ぎだろう。矢吹丈の世界タイトルマッチで少年院時代の仲間が観客席に姿を見せた時は感動したが、父に妹にさらに母親(明言されないが、恐らく)まで登場しても、読みたいのはそこじゃないんだよと思う。

4巻で張った伏線なんか忘れて、父親・一二郎は出演させる必要はなかったと思うが、しかし、この一二郎と工藤先生の会話は妙に印象に残っている。なかなかに感動的だ。

一二郎「あなた幸子のダンナかな……」
工藤先生「いえ……お父さんの許しがいただけたら……結婚します……」
一二郎「そうですか……幸せになってください」

そしてそのまま臨終……(ではなかったけれど)。



漫画・コミックランキング

(2020/5/26 記)

「1・2の三四郎」プロレス編(その4)キャラクター編

高校を卒業してプロレスラーを目指し、横浜へ移住したので、周囲の人間関係もガラリと変わり、新キャラクターが続々と登場する。師匠格として塚原巧、桜五郎とその妻のコーキー、ライバルとして五頭信、田中敬三、柔道時代からの因縁を引きずって再登場の柳政紀、外人レスラーのザ・スノウマン、ダン・ロビンソンなど……。が、特筆すべきは成海頁二である。

成海は空手の達人で世界大会の優勝候補だったがプロレスに転向。恵まれた体躯から繰り出される当て身技の威力は強烈で、まともにくらうとプロのレスラーでも一撃で失神するほど。もともと新東京プロレスで五頭と並ぶ期待の若手であり、三四郎のライバルになるのかと思いきや、なぜか新東プロをやめてひまわり軍団に移籍してくるのである。

性格はこれまで本作に出て来た誰とも違い、存在感が強烈で、以降、成海は物語の主要なキャラクターになっていくのだが、果たして本作に成海は必要だったのだろうか。三四郎のライバルだというのならわかるが、なんのために彼が味方になったのかがわからないのだ*1

一応、組み技が苦手で転がされたら何もできないことになっており、桜五郎とのスパーリングでは押さえつけられて何もできないシーンがある。が、これは桜ほどのベテランにして初めてできることで、いざ試合で成海を手玉に取れるレスラーはほとんどいないと思われる。

プロレス編の後半では、タッグマッチのトーナメント戦が中心になる。高校を卒業したばかりで体格も中程度の三四郎が、本物のプロと闘って勝ち抜いていくためには強力なタッグパートナーの存在が必要だということなのかとも思ったが、五頭・柳と対戦した時は、三四郎が一人で二人を相手に闘い、成海の出番はほとんどなかった。それだったら、三四郎・馬之助のペアの方が良かったのではないか。

なお、この時馬之助はダンとペアを組みオズマ・ノーランとぶつかるが及ばず、そのオズマ・ノーランに三四郎らが勝つことになるので、馬之助が三四郎の引き立て役になってしまったのも納得がいかないところだ。直接対決ではないし、シングルでもないのだが、これで三四郎と馬之助の格付けができてしまったからである。馬之助は柔道編では無敗であり、あくまで三四郎とは「同格」であった。だから対等でいられたのだが……

これまでは三四郎・虎吉・馬之助の三人がいつでもセットだったが、虎吉が漫画家を目指しプロレスラーにはならず、いつまでも行動を共にするわけにはいかなくなったので、その穴を埋めるべく登場させたのだろうか?(恵まれた体躯、馬鹿力、空手は虎吉と共通する。もっとも、虎吉の空手は素人だが成海は正真正銘の達人である)。

漫画のキャラクターとして面白みがないわけではないが、本作には、少なくともひまわり軍団にはいらなかったと自分は思う。



漫画・コミックランキング

(2020/5/21 記)

*1:柔道編では参豪という達人が味方にいるが、三四郎に柔道を教えるために参豪の存在は必須だった。また、三四郎・虎吉・馬之助・参豪の中で体格は参豪が一番小さく、試合で三四郎が勝った稲毛や柳と参豪が対戦して勝てたかといえば微妙である。つまり、格闘部の中の絶対的強者というわけでもなかった。だからよかったのだ。

「1・2の三四郎」プロレス編(その3)人間関係編

主人公・三四郎+虎吉、馬之助、そして志乃。この4人が一貫して物語の中心である。常に行動を共にする仲間ということになる。

三四郎が柔道を辞めて格闘部が解散状態になったあと、馬之助はレスリングでインターハイ優勝。高校卒業後の進路はともかく、オリンピック出場の夢に向かって栄光の第一歩を踏み出した。

虎吉も、大きな漫画賞を受賞したわけでも、雑誌連載が決まったわけでもないが、期待してくれている担当編集者がいて、高校を卒業したら東京に出てくるよう言われている。こちらも、職業漫画家を目指し、かすかではあるが光が見えている状況である。

一方の三四郎は、ラグビーは中途でやめ、柔道は地区の一回戦負け、これから先、何をすればいいのか? 本人は何がしたいのか? 何も決まっていないし、見通しがまるで立たない。本当は馬之助や虎吉(や参豪や飛鳥)を見て、焦るのは三四郎のはずである。それなのに、三四郎がプロレスラーを目指すと聞いて(テストに合格したわけでも何でもなく、単に本人がその気になっただけなのに)馬之助や虎吉が動揺するのが不思議である。

馬之助がプロに転向するのはまだわかるとして、なぜ虎吉までが付き合うのか。虎吉も、いきなり漫画でお金を稼ぐことはできないから、仕事をしなくてはならない。そこで保父さんを職業とする、というならそれはそれでわかる。三人で一緒に暮らすことで十分「行動を共にしている」ことになろう。

しかし、虎吉はレスラーになるための特訓を(桜五郎が新東京プロでコーチをしていた時は若手が何人も夜逃げをしたほどの厳しい特訓を)、三四郎や馬之助と一緒に受けるのである。これがわからない。漫画家をやめてプロレスラーになりたくなったわけではないのである。そして、保父さんの仕事を済ませ、レスリングの練習が終われば、三四郎や馬之助にとって一日が終わるが、虎吉はそれからが本番で、毎晩遅くまで漫画を描いているという。三四郎らが練習をしている間に虎吉が漫画を描くならわかるが……

虎吉は少女漫画から格闘漫画へ路線変更したらしいから、体験取材という意味があった。そう考えるほかはない。

互いに刺激を与え合ったり、ぶつかり合ったりするが、三人ともそれぞれ自分の目標に向けて全力投球し、その姿勢をお互いに心の底でリスペクトしている、という関係だったはず。しかし、三四郎に振り回されているだけの優柔不断な人間に見えてしまうのだ*1

とはいえ、目標に向けてマイペースで努力しているであろう飛鳥や参豪は、三四郎らと行動を共にしていないから、その姿が読者には見えない。難しいものである。



漫画・コミックランキング

(2020/5/20 記)

*1:実は高校時代から、虎吉や馬之助が三四郎に振り回される傾向はあった。ラグビーの試合をしたり柔道の試合をしたりしているのがそのいい証拠である。もっとも、これは高校生の部活動の話である。