鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「大奥御用達四ツ目屋 孕み合戦」

連作短編集、全5編。電子書籍のみ、kindle版は2020年10月29日刊。

前項で、小林薫はオカルトものも描くのかと驚いた、と書いたが、本作を読んで、小林薫は女性のヌードや性交も描くのかとまた驚いた。

歴史オカルトサスペンスの変種とでも言うべきか。

舞台は大奥、時代は文政、将軍でいえば11代家斉公の頃。大奥には多くの女性がいるが、基本は大奥から出ることは許されないため、飢えている女は少なくない。そんな女性のために、御年寄筆頭・大崎の命で「四ツ目屋」が出入りすることになった。今でいう「大人のおもちゃ屋」であるが、もちろん、おもちゃだけではなく、媚薬をはじめ、いろいろ怪しげな薬も扱っている。この四ツ目屋に出入りする女を描いたものである。

ストーリーの骨格は「笑ゥせぇるすまん」である。要は、依頼者の望む道具や薬を提供し依頼者は喜ぶが、最終的に依頼者は幸せにならないというブラックな話である。「オカルト」と入れたのは、江戸時代の技術・知識ではできないだろうと思われる薬品が次々に登場するからである。

扱っているモノがモノだけに当然かも知れないが、かなりどぎついシーンも描かれる。が、テーマ自体は人間の欲深さであったり、妬み・嫉みなど、厭らしい心理を描き出している。それは小林薫クオリティである。

「熟れた初蕾」ではお美代が登場。これは「大奥怨霊絵巻」の黒幕だった女である。ちょっと笑った。



漫画・コミックランキング

「大奥怨霊絵巻」

  • 小林薫「大奥怨霊絵巻」(青泉社LGAコミックス)

連作短編集、全6編および「死者の花嫁」所収。紙版は2015年11月20日刊。kindle版は2016年10月28日刊。

歴史オカルトサスペンスとでも言うべきか。

主人公は篤姫。徳川十三代将軍家定に嫁ぐため、島津から江戸城へやってきた。家定は病弱で、しかも芋将軍とも揶揄されるバカ将軍。江戸城内には多くの怨霊が夜ごと城中をさまよっているとの噂もあり、先が思いやられるが……

実は強い怨霊を封じ込めている怨霊封じの場所が、人知れず江戸城内に何ヵ所かあるが、最近になってこの封印をすべて解いた者がいる。そのため場内では不審死が相次ぎ、城外においては徳川家が、いや日本が滅びてしまうかも知れない危機を迎えていた。そこで家定はバカのふりをしつつ、密かに怨霊退治の指揮を取っていた。公方様付きお年寄りの瀧山は、修行を積んだ修験道の人間。側室のお志賀は忍び。この三人と事情を知った篤姫の4人で怨霊を退治していく物語。

最近立て続けに読んでいる、サスペンス・ミステリー系の一連の女流作家の中で、亜月亮山内規子は、原則として作中にオカルト・超常現象あるいは超能力・超自然力が必ず登場し、それがストーリーの鍵となる。生田悠理は必ずというわけではないが、そうした現象や能力もごく自然に扱う。「葬儀屋事件簿」を読んで、小林薫はそうしたものを一切扱わない作家なのかと思っていたが、なんのことはない、そういう作品も描くのだった。

回を追うごとに敵は強力になり、後半では篤姫が命の危機に(何度も)遭うし、最終話では家定が命を落とす。また、封印を解いた犯人が途中で明らかになるが、意外な人物であり、強大であることも納得させられる。など、一話ごとにサスペンスフルであり、また連作としての面白さも堪能できる。

家定に子がないため、二人の後継者候補(慶喜と慶福)のどちらを養子にするか迷うが、慶福に決まっていく展開は興味深い。冒頭でお菓子を作って皆に配るシーンがあるが、これも実際にあったエピソードのようである。荒唐無稽な話ではあるが、意外に史実が踏まえてあって、歴史ドラマとしても楽しめる。



漫画・コミックランキング

「R20 -罪と罰-」

短編集。表題作のほか、「イミテーションブライド」「ストックホルムシンドローム」の合計三編所収。2018年5月30日刊。

「葬儀屋事件簿」の期待を裏切らない傑作。「葬儀屋事件簿」はミステリー(+ちょっとギャグ)だが、本作は本格サスペンス。「本格サスペンス」という言葉があるかどうか知らないが、ちょっと怖いものが出てきてギャーというような「なんちゃってサスペンス」とは一線を画する、人間の心理の奥深いところを抉る作品というほどの意味だ。

表題作には「たとえ法が許しても、私があなたを許さない」というサブタイトルがついている。主人公は天涯孤独の身の上だったが、愛する男性と結ばれることができ、子も生まれ、「家族」というものを手に入れることができた。そんな矢先に交通事故で夫と子が死んでしまう。

人を二人ひき殺した運転手は、17歳であったこと、運転時にシンナーを吸っていて意識が朦朧としていたことから、心神喪失による事故とされ、二年、少年院に入っただけで済んだ。数年後、彼の「家族」と彼を弁護した弁護士が次々と殺されていく……

犯人の側から描いているため、特に謎はないのだが、主人公の心理描写が見事である。結果だけを見れば、なんでこんなことをと思うが、彼女の側から見ると、確かに節目節目で別の選択肢を選ぶべきところを、この道を進まざるを得なかった事情が痛いほどわかる。恐ろしい話である。



漫画・コミックランキング

「葬儀屋事件簿」3

  • 小林薫「葬儀屋事件簿」3(青泉社LGAコミックス)

連作短編集で四話所収。紙版は2021年8月19日刊。電子版は2022年1月1日刊。前作から約5年をおいての続刊である。初出がわからず、事情は想像するしかないが、単行本2巻分でいったん終わった連載が、時を置いてまた再開されたということだろうか? その間に神宮寺副署長は署長に、アルバイトだった田中よし子は正社員になっていた。そして株式会社寿典礼の葬祭場・寿ホールが新装オープンした。都内にこれだけの建物を建てるのは、相当のお金がないとできない。スタッフが少な過ぎる気がするが、それなりに繁盛しているのだろう。

第一話は、事故が起きることを必死で願っていた妻の話。果たして事故が起きたが、それは本当に事故だったのか?

第二話は、妻と長男・次女を殺して自分も自殺した男の話。家族を巻き込んでの無理心中だが、なぜ長女は見逃したのか?

第三話は、全身をめった刺しされて殺された女性の話。なんでここまで刺されたのか?

第四話は、田中よし子がお見合いを。ホテルの庭で死体を発見してしまうが……。

田中よし子の上司は元刑事で、しかも経営者となった現在も相変わらず敏腕ぶりを発揮している。よし子は第一巻から数々の事件に巻き込まれ、それが解決されていく様子をずっと経験してきているにも関わらず、死体を発見しても通報せず、自分が容疑者扱いされているとわかるや部屋に引きこもってほとぼりが覚めるのを待つという、悪手を打つ。からくも寿誠志郎に助けられるが、これはお説教が必要だ。

このシリーズは佳作ばかりなので、ぜひ継続してほしい。ただし誠志郎とよし子の関係は、進むか破綻するか早い時期にはっきりさせてほしい。



漫画・コミックランキング

「葬儀屋事件簿」2

  • 小林薫「葬儀屋事件簿」2(青泉社LGAコミックス)

連作短編集で四話所収。電子版は2016年4月28日刊。紙版は2017年7月20日刊。電子版、紙版とも、1・2巻同時発売だったわけね。

本格ミステリーとして、ますます筆が載っている。

第一話は、焼かれたお骨を鑑定したら、他人のお骨が混じっていたことがわかった。そんなことがあり得るのか……

第二話は、ストレス発散のためにホストクラブへ通うようになった田中よし子が事件に巻き込まれ……

第三話は、妻の土葬を希望する夫。理由は、美しい妻を火で燃やすなんてできない、ということだが……

第四話は、死体を保管するために入った冷凍庫に、よし子が閉じ込められてしまい……

厳密には、一、二、三話はミステリーで四話はサスペンスということになろうが、そこはどうでもいい。一体どうなるのかとハラハラする点では同じだ。

1巻では、田中よし子が社長に心を惹かれかけている描写があったが、社長は関心なさそうだった。本巻では、よし子の命の危機に際し、「アルバイト」としか呼ばなかった社長が名前を呼んだり、人工呼吸のためとはいえ口づけをするシーンがあったりと、少し盛り上がりを見せる。

第四話では海外へ行くなど、話のスケールも上がっている。

犯人をつかまえるためによし子が死体に扮して棺桶に入る場面があるが、棺桶に入ったらずっと目をつぶり、動くことはできないので、犯人を見つけることは不可能ではあるまいか。棺桶の中は人形か何かにし、よし子は近くで普通に待機していた方がよかったと思う。まあ死体が急に起き上がったため、被疑者が腰を抜かし、逃げられなかったので、効果はあったか……?



漫画・コミックランキング

「ミステリと言う勿れ」2

  • 田村由美「ミステリと言う勿れ」2(フラワーコミックスアルファ)

エピソード2(バスジャック事件)後編、エピソード3(謎の手紙)、エピソード4(遺産相続事件)第一話所収。連作「短編」なのに最初の話も最後の話も巻をまたいでいて、厭な感じである。しかし、エピソード2で美術展に行き損ねた整くんが、広島で開催される美術展に行こうとして車中で起きる事件がエピソード3で、エピソード3の事件を契機に巻き込まれる事件がエピソード4なので、順を入れ替えるというわけにもいかない。

エピソード1とそれ以降の話は、少し毛色が違う。エピソード1は完全な個室内で話が進む、安楽椅子(全然安楽じゃない、硬い椅子だが)探偵の極端なものだが、エピソード2以降は割と活動的である。エピソード2は前後編に分かれ、収録巻もまたがっている。また、整のことをうざいと言わない初めての人、が登場し、今後も絡むのかなと思ったら、エピソード3でもエピソード4でも再登場した(名前だけだが)。このように構成にも変化が見られる。

再確認すると、エピソード1はもともと読み切りとして書かれたもので、エピソード2はその一年後、連載の第一話として描かれたもののようだ。連載として続けていくために、一話完結ではなく、ひとつの話を何回かに分けたり、話につながりを持たせるために、準レギュラー的なキャラクターを登場させたり、といった工夫をしているということだろうか。

ミステリーはネタを考えるのが大変だと思うが、エピソード1に比べるとエピソード2は間延びした感は否めず、逆にエピソード3は話が少々浅い。そして、どちらも完全解決しない。後日、解決編が提示されるのか、もやもやを残したまま話が続いていくのか。

しかし、変わらないものもある。それは、語り続ける整の性格だ。こういう人が実際に周囲にいたら、さぞうざいだろうと思われるが、もちろん漫画作品だから面白く彼の持論を拝聴する。

さて、今夜の実写ドラマでは、犬堂愛珠役は誰がやるのだろうか。そこが気になる。

初出一覧

No. タイトル 掲載誌
Episode 2(後編) 犯人が多すぎる 月刊フラワーズ2018年3月号
Episode 3 つかの間のトレイン 月刊フラワーズ2018年4月号
Episode 4 思惑通りと予定外 月刊フラワーズ2018年5月号



漫画・コミックランキング

「葬儀屋事件簿」1

  • 小林薫「葬儀屋事件簿」1(青泉社LGAコミックス)

連作短編集で第一話~第三話所収。2016年4月28日刊。電子書籍のみで紙版はない?

「葬儀屋 百合の事件簿」を購入の際にAmazonに「おすすめ」で表示されたため、興味を持ち、購入。

葬儀社が舞台であることは「葬儀屋 百合の事件簿」に共通だが、内容はかなり違う。

寿誠志郎は寿典礼の社長。東大法学部卒で元警視庁の刑事。家業を継ぐために刑事を辞めたが、警察とは太いパイプがある。そのため、9割が変死体だという。

田中よし子は女子アナウンサーを目指しているが受けたテレビ局は全敗。司会者希望でブライダルコーディネーターに応募したつもりが葬儀屋だった(「寿」という名を勘違いした)。彼女の視点で事件を描く。

第一話は、首つり自殺をした人の遺体が警察署から回ってきた関係で葬儀をあげることになった。が、死体を見た誠志郎は、自殺ではなく殺人だと見抜く。……

サスペンスよりミステリー色が強く、ホラー要素はない。ひとつひとつしっかりした話で、それに独身の社長と若い女性の新入社員が絡む。ミステリーの紹介はしにくいが、思ったより面白かった。

俳優の小林薫は男性だが、作者の小林薫はどうも女性のようである。

追記(2022-01-19)

紙版は2017年7月20日に刊行されていた。紙版の方があととは珍しい。なおこちらには、電子版には未収の「R20-罪と罰−」が収録されているとのこと。こういう風に、紙版と電子版と、タイトルが同じで内容が別という編集の仕方は断固としてやめてもらいたい。いったい誰にどんなメリットがあるのだろうか?


漫画・コミックランキング