鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「大家さんと僕」

2017年10月31日刊。「小説新潮」2016年4月号~2017年6月号掲載。

今年の大河ドラマ「光る君へ」でまひろの従者役で出演している矢部太郎が、twitterに「光る君絵」を投稿しており、彼が「大家さんと僕」で注目を集めた漫画家でもあることを知った。それで読んでみることにした。

読んでビックリ。バラエティの企画で部屋を滅茶滅茶にされて追い出された矢部が新たに住むことになった部屋の大家さんとの交流を描いた物語。大家さんは87歳でとても上品な独身のご婦人。お笑いタレントの矢部のことなど全く知らない。

矢部もあまり社交的な性格ではなさそうだが、二人はゆっくりと距離を縮めていく。途中まで読んで、もしかして最後は大家さんが亡くなるのでは、と想像して怖くなったが、さいわい途中で病気入院はするものの、元気で退院し、再びひとつ屋根の下に暮らすことになるところで終わっている。

読み終わった後、大家さんはその後どうなったか猛烈に気になった。この時は元気でも、それから7年経つのだ。そうしたら、2018年8月に亡くなられていることがわかった。本が出たことはわかっていただろうから、このような形で自分のことを世に残してくれたことは嬉しかったのではないか。

今年の大河ドラマは見たら「ご活躍ね」と喜んでくれただろうか。「あらあら矢部さん、今日もまひろさんにおいてけぼりにされちゃったわね」と言うだろうか。


漫画・コミックランキング

「脱獄のカザリヤ」4(新刊)

  • 原作・天下雌子、作画・CHIEKO「脱獄のカザリヤ」4(マンガボックス)

2024年2月29日刊。

真紀は大金で落札された。が、落札者は単にヤリたいだけの男ではなく、真紀の行動に興味を持った。真紀は、飾矢萌絵を探していること、そのためわざと入所したことを告白。相手は、その名に覚えはないが、他の受刑者から隔離された特別房があると教える……。結局、性行為はしないまま終わりとなった。

外部の人間、それも相当な金(と権力)を持っている人間が人探しの協力者となってくれたのは大きいが、何もなかったのは不自然。まあ「それ」を描くのが目的の漫画ではないということだろう。

看守長・馬場は飾矢萌絵の存在を知らなかった。が、飾矢萌絵を見つけたら連れて脱出する、と言っていたのを聞き逃さず、矯正院の院長・榊美智代に報告。榊は何か知っているようだが……

落札して部屋へ連れて行き、更衣に耽っている間も、その部屋のそこかしこにカメラが仕掛けられていて、していること・話していることがすべて監視されているのはキモチワルイ。落札された受刑者は、どのみち人権はないからともかくとして、落札した身分の高いはずの人も、行為がすべて見られているのはイヤではないかと思うが、まさか見られていることを知らないとか?

医師の丸山もクセがありそうだ。これまでのところ、いい人ではないが、悪い人でもない、上からの命令には従うが、受刑者への同情心もある、というように描かれていた。ただそれだけなのか? 裏があるのか? これで終わりは物足りないが夏まで我慢だ。

「石田三成の妻は大変」1(新刊)

2024年2月29日刊。もちろん即日購入。

重野なおきは、これまではもっぱら白泉社で描いていたが、「雑兵めし物語」は竹書房、本作は双葉社である。活動の場を広げていくのは望ましいことだが、よくこんなにたくさんの作品を並行して描けるなと驚くばかり。それも、舞台はすべて戦国時代で、登場人物も共通する。だからできるのかも知れないが。

歴史を上部構造と下部構造に分けるとしたら、「信長の忍び」や「黒田官兵衛伝」「真田魂」などは上部構造を描いた作品といえる。対して本作は下部構造に焦点を当てている。

夫婦のイチャコラを通じて、石田三成の人格や成した仕事について描くという側面もあるのだが、むしろ当時の社会や世相、庶民の生活を描くことに主眼を置いている……ように見える。それでいて、話はきちんと面白い。こうした多彩な描き分けができるのが、重野なおきの凄いところだ。

「信長の忍び」21(新刊)

2024年2月29日刊。もちろん即日購入。

天正伊賀の乱クライマックス。これまではどんなに強い敵もあっさり倒してきた千鳥だが、さすがに師匠や兄弟子たちを相手にしては、簡単に勝つというわけにはいかず、深手を負う……。

助ちゃんが、これまでは(少なくとも戦いの場においては)千鳥に守られるだけの存在だったのが、千鳥が頼りとする相手になっていたのがムネアツだった。助蔵は千鳥に選ばれるべくして選ばれたのだ。ほんのちょっとイチャイチャシーンもあって、それも嬉しい。

千鳥と助蔵は生還するが、命令に背いたかどで処罰を受け、任を解かれる。が、なまじな者が彼らを配下にすると恐ろしい力を持つことになるから、「絶対に信用できる人間」として、明智光秀の配下になるよう命じられる。

明智は長宗我部との交渉に奔走するが、織田と長宗我部にまつわる話はあまり深堀されることがなく、自分も詳しいことは知らないので、本作で描いてくれるのはありがたい。「麒麟がくる」ではもともとは描かれるはじだったのだろうと思うが、コロナ禍で撮影が中断されて尺が足りなくなり、バッサリ削られたのだろうと思っている。

そして天正十年――

22巻が最終巻になるのかな? まだ続くかな?

「ふみちゃんの楽園」2

2024年1月15日刊。「Bebe」2022年10月~2023年9月配信+書き下ろし。

1巻とはガラリと内容もテーマも変わった。

1巻は、ぶっちゃけ幸せ一杯の二人がひたすらセックスをする物語だった。キャンプのテントの中だったり川辺だったり泥んこになってだったりと、セックスの場所ややりかたがバラエティに富んでいた。

2巻でも相変わらず仲は良く、毎回セックスをするけれど、行為自体よりそこに至るまでのプロセスが重視されている。

ふみは作家なのかと思ったが、そうではなく、アマチュア時代に書いてネットに公開した作品が注目されて書籍化され、プロとして自作の依頼を受けたが、書けなくなってしまい、仕事からも都会からも逃げ、田舎に引きこもっている、ということらしい。孵るかどうかわからない卵なのだ。

最後は「プロの小説家になる」と決意し、家を出るところで終わる。前向きな終わり方はいいが、うまくいくかどうかは今の時点では全くわからない。

彼氏は、1巻では料理がうまく、畑仕事にも熱心に取り組むいい人に描かれていた。2巻でもそれは同じなのだが、真面目に就業せず、先のことも深く考えない、能天気な人物に見える。ふみが作家として成功し、二人分の生活費を稼げるならいいだろうが、そうれなければ、この二人の将来は経済的に危うい。

そのような意味では、決してハッピーエンドではないが、ふみちゃんの今後は見守って行きたいと思う。でも2巻が最終巻ですよね?



漫画・コミックランキング

「ふみちゃんの楽園」1

2022年8月16日刊。「Bebe」2021年8月~2022年7月配信+書き下ろし。

ふみは現在休業中の作家。休業の理由は不明。仕事を断わっているのか、仕事がないのか。田舎の古民家ぽい家に彼氏と二人で暮らしている。親は二人暮らしであることを知らないぽいので、結婚しているわけではないのか。彼氏は畑仕事をし、料理もする働き者だが、稼いでいる様子はないから、この生活は作家に復帰するまでの一時的なものなのか。まあ生活費はあまりかからなそうだが。

畑で採れた野菜を食べ、近所の川べいを散歩し、山にピクニックに行き、そして……縁側で、山で、川で、沼で、セックスをする。実に健康的な生活を送っている様子が描かれる。

セックスは割と克明にていねいに描かれている割に、避妊をしている様子がないのが気になる。また、沼で泥だらけになってするのは、衛生上問題がありはしないか? とまれ、仲が良くて微笑ましい。



漫画・コミックランキング

イロモニア

  • うさみみき「iromonia -イロモニア-」

同人誌版は2013年8月13日刊。kindle版は2019年8月1日刊。

盲目の少女ジュエルは、育てるのが面倒に思った両親から、遠く離れた町へ自動車で連れて来られ、降ろされた。捨てられたことが理解できないジュエルは故郷メリアスまで歩いて帰ろうとするが、そこでシーケットと出会う。シーケットは機械の身体を持つ元・人間で、逃亡中の犯罪者。ジュエルを不憫に感じたシーケットはメリアスまで連れて行こうとするが……

ジュエルを好きになったシーケットが、どんどんお人好しになり、その結果警察に捕まってしまうのも、ジュエルがシーケットをどんどん好きになっていくのも、とてもよくわかる。「沁みる」作品だ。モノクロ作品だが、クライマックスシーンだけカラーになる。色が本当に効果的に使われている。

ジュエルがシーケットと再会できるといいなあ。でもジュエルは、シーケットが犯罪者だと理解できるかなあ。



漫画・コミックランキング