鞄に二冊

少しでも空き時間ができると、本が読みたくなる。

「キックの鬼」2

梶原一騎の作品のひとつの大きな特徴に「必殺技」の存在がある。矢吹丈ならクロス・カウンターやトリプル・クロス・カウンター、星飛雄馬なら大リーグボール、タイガーマスクならウルトラタイガードロップやタイガーV。柔道一直線なら地獄車や二段投げと枚挙に暇がない。

梶原一騎以前に必殺技が皆無だったわけではないだろう。姿三四郎にも山嵐という必殺技があった(山嵐は実在の技だから「得意技」というべきか)。しかし必殺技の威力を満天下に知らしめたのは梶原一騎の功績ではなかったか(功罪あるが)。以後は「サインはV」におけるX攻撃をはじめ、多くのスポーツ漫画で必殺技が目白押しとなる。それを究極まで推し進めたのが「リングにかけろ」だろう。何しろどんな技なのかほとんど説明がなく、技の名前を叫んで手を突き出すと、相手がケシ飛んでいくのだから。

スポーツには、ルールの元、長い間に磨き抜かれた数多くの「技」が存在する。どのような状況でもその「技」が出せるように磨き抜いていくのが重要であり、何もこれまでになかった技を開発すること「だけ」が相手に勝つ道ではあるまい。また、仮にそのような技があったとしても、ここぞという場面でたまにやるから効果が出てくるので、毎試合披露していては、パターンを読まれ、かわされやすい。かわされ、防がれたらまた新しい必殺技を開発する……というのは荒唐無稽である。

ただしウルトラマンにおけるスペシウム光線のように、見る側からすれば独自の必殺技があって、毎回それで勝つ、というのはわかりやすいのは事実だろう。

本作は一応ノンフィクションの建前であり、真空飛び膝蹴りは実在の技だったようだが、「重力に逆らう」とか「真空地帯を作り」とか、技の開発にあたっては梶原一騎らしいけれんみにあふれている。

そういえば昔、沢村がインタビューで、試合を見に来たお客様は漫画のように高く飛ばないのでがっかりする人が多い、と苦笑いをしていたことがあった(という記事を読んだ)。

対戦相手

  • バイヨク・ボーコーソー(ナイフで刺しても肌に傷がつかない鉄人)〔東洋ミドル級初防衛〕
  • シート・ナノンリット(ウエルター級3位)
  • ピサンダ・ラートカル〔試合結果のみ〕
  • ペイント・ロジャーナ〔試合結果のみ〕
  • バイヨク・ボーコーソー〔試合結果のみ〕
  • チャンデ・サイスリーム〔試合結果のみ〕
  • ダイオイリスト・プラサ〔試合結果のみ〕
  • ピサンダ・ラートカルモ〔試合結果のみ〕


漫画・コミックランキング

「キックの鬼」1

なんだかバカバカしくてスカッとした話が読みたいと思い、全巻大人買い。十数年前にコンビニ本として出た時にも買っているのだが、思ったより長い話だ。コンビニ本はダイジェストだったのかな。

実在の沢村忠の半生を描いたもの。実在の人物を主人公とし、実話と思わせて虚実ないまぜの話を描くというのは、のちんに「空手バカ一代」で結実された手法だが、その先駆けを見ることができる。同時期の作品「ジャイアント台風」も恐らくそうであろうが、こちらは未読。

沢村は(極真空手の)大山倍達とは直接の親交はなく、流派も違うが、「空手の先輩」としてちょいちょい大山倍達のエピソードをはさんでいるのが笑える。著名な人物であれば引き合いに出す意味もあろうが、この作品が発表された時点(1969~1971年)では、沢村忠を知らない人はいないが、大山倍達は無名の人だったのだから、無意味な紹介である。漫画作品にかこつけて、なんとか大山空手を宣伝したいとおもったのだろう。編集部もよく通したものだ。

沢村がサマン・ソーアジソンに負けて、本格的にタイ式をやる決意をし、山籠もりをしたとか、その時に眉を片方ずつ剃ったとか、これらはのちに「空手バカ一代」や「カラテ地獄変」で大山倍達(やそれをモデルとした大東徹源)が行なったとされて有名になったやり方である(大山倍達がやったこと自体、眉唾であるが)。

技の練習は練習生に囲まれてスパーリングなどを重ねた方が身に付く。山での不自由な生活で力がつくとは思えないが、「山籠もり」をして自分を追い込むことで普通の生活では得られない「力」が身に付くという神話に一役買ったのだろう。

復帰戦でタイ式ライト級チャンピオンであるモンコントーン・スイートクンをKOして東洋チャンピオンになるところで一巻終了。戦績はさすがにごまかせまいが、いくら沢村が空手の学生チャンピオンでも、プロ転向後わずか3戦で(1、2戦はただの対抗戦だから、厳密にはデビュー戦で)タイのチャンピオンに勝てるはずがない。そもそもタイ式のチャンピオンは、藤原敏男に負けるまで、外国人に負けたことはなかったと、梶原一騎が(「四角いジャングル」で)書いていたのではなかったか。



漫画・コミックランキング

「からかい上手の高木さん」16(最新刊)

本日発売の最新刊。ようやく中学2年生に進級(2014年から7年かかった)。

相変わらず仲がいいが、高木さんが罰ゲームとして「キス」を持ち出すのは少々あざとい。

「調理実習」

高木さんがからかってこないことを不審に感じる西方であったが、実は高木さんが料理に自信がなくて、からかう余裕がなかったことまでは気づけない。なんとかおいしくできてほっとする高木さんなのだった。ユカリ、サナエ、ミナの三人組が久々に登場。

「ウソとホント」

「高木さんと登下校するの楽しいよ」「私もだよ」と告白し合う。まあ、実際ほぼ毎日のように一緒に登下校しているわけだからなー。その事実がすべてを物語っていると思うけれども。

視力勝負

視力は西方の方がいいようだ。「西方、視力がいいっていっても、見えてないことの方が多いしなぁ」。例えば掃除をしている西方を見ている高木さんが、「す」「き」という文字を指し続けているところとか……

交換日記

ついに二人は交換日記を始めることに。しかし真野、中井も含めた4人で回すものと、二人だけのものと。そんなに書くことねえよ!!

チョコ

浜口と北条が初々しくて好きだ。

微熱

熱を測るためとはいえ、高木さんと西方がおでこをくっつけ合う。「ちょっと照れて顔が熱くなった」と高木さんが言っても「あの高木さんがテレてたなんて……ないない……」と信じない西方だった。そういうとこだぞ。

卒業式

高木さんは卒業式がくるのはさみしいそうだ。理由はわかるけど、2年生になったばかり。まだそれを気にする時ではないと思うぞ。

おまけ

娘さんも久々に登場。

一応、これまでより少し二人の関係は接近したようにも見えるが、変に気を持たせたり、わざとすれ違わせたりするといやらしくなるので、その辺はほどほどにしてほしいと思う。まあとにかく安定のクオリティではあるから、続く限りは買う。



漫画・コミックランキング

「彼女ガチャ」6(最新刊)

  • 吉宗「彼女ガチャ」6(芳文社

6巻を買おうか5巻でやめておこうか3ヵ月迷ったが、やはり買うことにした。

35話

  • 樋口朱美(レア度?、職業?)
  • 大食いだが、味わうことと、食べ物に対する感謝は忘れない。のちに国会議員になる

36話

  • 青田裕子(☆3ノーマル、会計士)
  • 相手の男は母親の呪縛から離れられない

37話

  • 日下部結衣(☆1、化粧品会社事務)
  • 素顔は不美人だがメイクの腕は達人

38話

39-41話

  • 木下沙織(4)(SR)
  • テレビで藤本彩乃がアイドルになったことを知った沙織は、「彼女ガチャ」の運営者に接近する。新たに登場した咲良という女性の正体は……?

これまでのおさらい。

女性 概要
1 1-2 藤本彩乃(☆4レア、書店員)、山本房江(☆4レア、おばあさん) 趣味が一致すると思われたが
1 3-4 富田祥子(☆3ノーマル、アパレル) 小心者のDV
1 5-6 中西明美(☆3ノーマル、証券) イキり過ぎ
2 7 片瀬桃花(☆3ノーマル、巨乳) 本気で好かれたけど
2 8 牧瀬亜紀(☆4レア、茶道家 嫉妬深い
2 9-10 飯田明美(☆2ノーマル、会社員) ダイエットして失恋
2 11-12 真田夕香(☆2ノーマル、無職) 余命わずか
2 13 木下詩織(☆?ノーマル、元陸上選手) 藤本彩乃を救おうとするが
3 14-15 神崎優(☆5スーパーレア、グラビアアイドル) IT富豪に失恋
3 16 須藤元子(☆3ノーマル、無職) 性格のよい、いい子だったが
3 17-18 木下詩織(2)(☆3ノーマル、体育教師) ハーレムガチャだったのはお仕置きか?
3 19 大野ミチコ(☆1ノーマル、無職) スカウトマンに悪利用され
3 20 三栖唯(☆3ノーマル、アルバイト) アイドル目指してパパ活
4 21-22 小澤美和(☆3ノーマル、主婦)、上野由里子(☆3ノーマル、大学生) 夫は妻が当たるまでガチャを回し続ける
4 23 吉田敦子(SR) 付き合う相手はみな幸せになるが、誰も彼女を幸せにしてくれない
4 24 水虫交響楽団(お笑い芸人) 期間限定ペアガチャ(二人と付き合える)
4 25 新條小夜 男ががずっと好きだったのは、小夜の双子の姉の真昼だった
4 26 江夏球子(☆3ノーマル、飲食店ホールスタッフ)、千葉紗子(☆3ノーマル、会社員) 趣味が同じ人を探せる趣味ガチャ
4 27 木下詩織(3)(☆4レア、体育教師) ついにスーパーレアになれたか……?
5 28 広末海(☆4レア、派遣社員 課長からパワハラ・セクハラを
5 29-30 三木谷多香子(専業主婦) 真面目な彼を振ってDV男と結婚したが……
5 31 花田良佳(☆3ノーマル、占い師) ガチャの相手との相性が悪いことを占いで知った良佳は……
5 32 小泉愛(☆3ノーマル、飲食店アルバイト) 幸せな結婚をしたはずだが、男は元カノが忘れられない……
5 33 藤本彩乃(2)(☆6SSR) いつの間にかSSR(スーパーレアの上)に昇り詰めていた


漫画・コミックランキング

「無重力少年」3(完結)

流風はなぜこんな不思議な力を授かったのか、流風と親しくなるとこの力がうつるが、それはやがて消えていく。なぜ、どういう時に消えるのか? 流風本人の力もいずれ消えるのか?

夏希と夕海のわだかまりが解けて、本当の意味で両想いになったら、夏希の力が消えてきた。それを見て風子は、好きな気持ちも引力、お互い引きあって安定すると力が消える、と考える。もともと、流風が強い孤独を感じた時にこの力が芽生えたのではないか……

そして紆余曲折あって流風と風子が両想いになると、流風の力も消えていくのだった。

というわけで最後は二人のちゅーで幕を閉じる。ま、超能力の謎も解けたし、主要登場人物の四人はすべて両想いになり、ハッピーエンドですね。潮崎鉄郎はどうなったかわからないが、この人は当て馬なので仕方がない。

あとは番外編が二編と短編がひとつ。番外編の中で、この力は流風のことを好きな人にしかうつらない、しかも好きの気持ちが強いほど強くうつる、ということが明かされる。だから夕海にうつった力は弱かったし、夏希にはそれなりにうつったけど、風子にうつった力は夏希よりはるかに強力だったわけですね。



漫画・コミックランキング

「無重力少年」2

風子を盗撮しまくっている人がいると思ったら、元彼・潮崎鉄郎だった。元彼といっても、潮崎が告白してきた時、彼氏の一人くらいいた方がいいよねと思った風子は、潮崎が嫌いではなかったためOKしたが、手を握られて違和感を持ち、キスされかけて「自分はこの人が好きではない」と気づき、交際を断わったという、わずか二週間の彼氏。その潮崎が、風子が流風に恋している(しかし片思い)ことに気づき、取られまいとしてか、猛烈にアプローチしてくる。うざいけど、正直、風子の流風に対するアプローチも結構うざいから、この二人は案外似た者どうしではある。まあ、似た者どうしはうまくいかないことが多いと思うが……

休み時間、夏希は右耳、夕海は左耳にイヤホンを指して一緒に聴いているところへ風子が話しかけるが夏希は気づかない。風子が怒るとイヤホンを指していたから聞こえなかったと夏希は答える。左耳が空いていたからそれは嘘だ、私の相手をしたくなかったんだろうと風子はさらに怒るが……これは大事な伏線。

バレンタインに夕海は夏希にマフラーを贈る。夏希は喜ぶが、これは流風に買い物に付き合ってもらって選んだもの。それを聞いた夏希は不機嫌になる……。こういう話を聞いて思うけど、何を贈ったらいいかわからなかったら、友人である流風に聞いたり、買い物に付き合ってもらったりするのではなくて、なぜ本人に尋ねないのだろう。なぜ本人と一緒に買い物に行かないのだろう。いくら自分への贈り物を選ぶためとはいえ、彼女が別の男と一緒に買い物に行ったりしたら面白かろうはずがないのは当然だと思うが、なぜそれに気づかないのだろうか。世の中のサプライズ神話というのは異常だと思う。

さて、せっかく流風との距離が縮まりかけたのに潮崎が邪魔するせいでまた距離が開き始めた時、空を飛ぶ気球から風子が落ちるという事件が起きる。一緒に乗っていた流風が即座に一緒に飛び落ち、風子を救う(引力を調整すれば落ちてもヘーキ、ということらしい。風子はまだ体重調整に慣れていない)。命が助かった風子は思わず流風にキスをするが、その後は恥ずかしくて顔を合わせられなくなる。

そんな矢先に夏希、夕海、流風、風子の四人で沖縄にアルバイトに行くことになり……

かつて、流風から能力をもらった夏希は崖を歩いていて海に落ち、大けがをした。そのことに流風は自責の念を感じ、親しくなると能力を移してしまうから誰とも距離を置くようにしたり、夏希の言うことに逆らわないようにしたりするようになった……というのはこれまでに明かされていたが、夕海が流風からもらったペンダントを落としてしまい、それが崖の途中に引っかかっていたため、それを取りに行こうとして落ちたこと、その事故のせいで左耳がほとんど聞こえないこと、そのため好きだったダイビングができなくなったこと、夕海が夏希に告白してきたのはその直後なので、夕海は同情で自分と付き合っているのではないかという疑念が消えないこと、を夏希が告白する。

実は夕海は前から夏希が好きだったが言えなかった。流風は夕海が夏希とうまくいくように、応援のつもりで幸運のペンダントをあげたのだった。

風子は流風に告白。流風は、風子と友達ではいたいけど彼女とかは考えられないと返事。

真面目な恋バナよりも、沖縄の海でナンパしてきた大学生に、サーフィンで負けたら帰れとサーフィン勝負を始めてしまう展開が好きだ。



漫画・コミックランキング

「無重力少年」1

「りぼん」2001年9月号より連載された作品。これまで紹介してきた作品だと「爆風シンデレラ戦線」「青春してるかい!」に続くことになる。実際には「Wピンチ!」(全4巻、未読)という作品が間に入るようだ。

学園ラブコメだが、超能力者が登場し、後年の亜月亮の萌芽が見られる作品。これまでの作品と比べ、目も少し小さくなっている。もっとも超能力は単なる小道具であり、話の展開は(絵柄も)典型的な少女漫画風(という言い方が当たっているかはわからない。少女漫画に詳しくない身にはそのように見えるが、カラっとしたコメディは珍しいか?)。

船越流風は遅刻の常習犯で、他の男子とあまり口をきかず一人で過ごすことが多い。

小波風子は明るく物おじしない性格。船越が屋上の手すりの上を歩いていたのを見て以来、彼に興味を持って接近する。

実は船越は重力をコントロールすることができる超能力を持っており、そのためビルの壁を普通に歩いたりすることができる。また、この能力は船越と親しい人には「うつる」という特徴があり、船越の親友の夏希、夏希の彼女の夕海も同じ能力を持っている。そして船越につきまとっているうちに、風子もこの能力を手に入れることになる。

こうした能力を他人に知られたら大変なことになると思うが、彼らは校舎の壁を歩いたりし、隠そうとしていない(その割に風子以外は彼らの能力に気づかない)。

風子は船越のことが好きになるが、夏希は風子のことを嫌っている。そして船越は夕海のことが好きなのだった……その後に巻き起こるドタバタ騒ぎをいちいち書いてはいられないのでバッサリ省略するが、船越から離れろ、という夏希に対して、風子が「じゃあ勝負だ!」と言ってバスケットボールの勝負を持ちかけるところはツボ。それいったい何の関係があるの?

パロディ

小波が見せる雑誌の「怪奇写真大募集」のページに描かれるサンプルの写真は、楳図かずお描くところの「怯える人」そっくりの絵だ。1970年生まれの亜月亮が物心ついた時には楳図は恐怖漫画は描かなくなっていたはずだが、こういうのを見ると、改めて楳図の残した影響の大きさを感じる。

ギャグ顔になった時は、初期のこいずみまりに似ている(時代的にはこいずみまりがあとか)。

発行

「爆風シンデレラ戦線」はビーグリー、「青春してるかい!」はJコミックテラス、本作はナンバーナインによる。集英社はそういうことをする気がないってことね。



漫画・コミックランキング